瓦礫選別は専門業者に頼もう|業者を選ぶときのポイントとは

作業員

処理やリサイクルのため

廃品

種類ごとに正確に分類

ビルや住宅などの建物には、様々な建材が使われています。たとえば基礎にはコンクリートが、柱や梁には木材が、外壁にはモルタルが使われているといった具合です。そのため建物を解体した際には、これらが全て混ざってしまいます。しかも解体作業は、建物を油圧ショベルなどで細かく崩すという方法で行われるので、建材は小さな瓦礫としてミックスされてしまうのです。いずれの建材も、地球環境を守るためには、焼却や埋立など適した方法で処分する必要があります。また建材の中には、リサイクルが可能となっているものもあります。しかし処分にしてもリサイクルにしても、瓦礫が混ざった状態では実行できません。そのためまずは、建材を種類ごとに細かく分類する、瓦礫選別という作業が必要となります。瓦礫選別は個人でも可能ですが、正確に分類することは困難です。しかもコンクリートの中には、内部に鉄筋が通っているものもあり、これを引き抜くことは人間の力では簡単ではありません。そのため量や種類によっては、瓦礫選別は業者に任せることになります。業者なら、コンベアなどを使って瓦礫を建材ごとに正しく分類できます。コンクリートも、掘削機や振動モーターなどで、鉄筋からしっかりと取り除くのです。こういった瓦礫選別により、全ての建材はスムーズに処理またはリサイクルできるようになります。もちろん解体現場に金属片などが残るリスクも少なくなるので、安全面からも多くの人が業者に瓦礫選別を依頼しています。