瓦礫選別は専門業者に頼もう|業者を選ぶときのポイントとは

作業員

企業が果たすべき責任

解体工事

環境と会社を守る

築年数が経過した建築物は、業者によって改築や撤去が行われますが、いずれも瓦礫が必ず発生します。コンクリートやアスファルト片のほか、産業廃棄物となるパーツも含まれているため、瓦礫選別を確実に実行しなければなりません。改築もしくは撤去にかかわるすべての企業に責任があり、違法行為によるトラブル防止策としても、ルールに則って処理を行うべきでしょう。瓦礫選別を含む産業廃棄物のルールは、環境を守るためのものであり、違法行為には厳しい罰則が定められています。罰則は細分化されていることから、知識なしでは正しい瓦礫選別であるかの判断も困難ですので、依頼の際には取引企業の実績も重視しましょう。瓦礫選別を自社で実施する場合、ふるい機やコンベヤーといった専門の機械があり、完全な手作業と比較して作業の効率化が図れます。機械類は新品購入以外に、中古やレンタルも選択できますので、予算に合わせた導入も可能です。いずれにしても費用は発生しますが、瓦礫選別だからと作業をおろそかにした場合、今後の経営が困難になると理解するべきでしょう。違法行為に対しては懲役や罰金を科されることとなり、どのような理由があっても逃れることはできません。しかし、刑期や罰金を納めたあとに待ち受けているのは、会社や経営者の信用失墜です。瓦礫選別の違反だけでもリスクは大きくなりますので、環境保全はもちろんのこと、ルールに沿った正しい作業が会社と社員を守ります。